星野源は在日韓国人?現在は病気に!?原因は?パニック障害?SUNの歌詞の意味とは?


みなさんこんにちは!(^^)/
今回お送りするのは、現在人気急上昇中の「星野源」さんです!
なにやら星野源さんに「在日韓国人」の噂や、「病気」の噂がたっているようなので、迫ってまいりました(^^♪

星野源のプロフィール

まずは簡単に星野源さんのプロフィールを紹介しますね。
星野源さんについて詳しい方は飛ばしてもらって大丈夫です!w

本名:星野 源(ほしの げん)

出身地:埼玉県蕨市

身長・体重:168cm・60kg

年齢:34歳

誕生日:1981年1月28日

血液型:AB型

中学・高校:自由の森学園中学校・高校

事務所:アミューズ(音楽業)・大人計画事務所(俳優業)

星野源さんは現在は俳優としてもミュージシャンとしても大活躍されていますよね!
年齢は34歳ということですが、もっと若くみえますよね( ゚Д゚)

WS000017

星野源は在日韓国人なの?

それでは早速本題に入っていきましょうか!
まずはこの話題。
最近2chにこんなスレ板が出ていたんです。

「星野源とかいうゴリ押し在日韓国人」

このタイトルだけで、スレをあげた人が星野源さんのアンチだということがわかりますよね(笑)
ですが、「星野」という姓名は在日韓国人の方に多いらしいんです!
このような書き込みもありました。

星野姓は李がほとんどなんだよな

確かに、「星野源」という名前は珍しいですよね。
そして、星野源さんが在日韓国人だと噂されるもう一つの原因は「容姿」です。
髪型も韓流っぽいですもんね。

WS000000

眼鏡もかけるとなおさらな感じが・・・(笑)

そしてそして!
もう一つだけ在日韓国人だと噂される原因があるんです!
それは・・・

「過去に二階堂ふみと交際報道されたから」

どういうことかというと、二階堂ふみさんって星野源さんの前に「新井浩文」さんと交際報道されていたんです。

WS000001

上の画像の左の方が「新井浩文」さんです。
この新井浩文さんの「在日韓国人説」がかなり濃厚なんです。
察しの良い方はもうわかってきましたか?w
そうなんです、この新井浩文さんの次に交際報道されたという流れが原因となって在日韓国人だと噂されているんです(笑)

元々星野源さんに在日韓国人の噂があったこともあいまって、勝手にこの説も広まっていったんですw

以上のことから、どの説も噂の域を超えるものではないですし星野源さんの在日韓国人説はあんまり気にしないほうがいいと思いますね・・・。
急に人気になった方にはこういう噂はつきものですから。

WS000002

星野源の病気について

お次の話題は星野源さんの「病気」についてです。
なんでも過去に重大な病気になったみたいで、現在の状態や原因について迫ってまいりました!
それが発覚したのは、

俳優など、多才な才能を発揮する星野源が、2014年2月23日放送の「情熱大陸」という番組内で、パニック障害や不安神経症などの病気であった過去のことに触れています。

病気の兆候が表れたのは2012年12月でした。

2012年12月、星野源レコーディング終了後倒れる【病気】

救急車で搬送されるほどの重症でした。

このころの星野源さんはかなり過密なスケジュールで相当疲労が溜まっていたみたいで、これが原因となったみたいですね。

その時の様子を本人はこのように語っています。
「急に目の前がぐにゃっと曲がった」
「バットで頭を殴られたような痛みとともに、立っていられなった」

頭を殴られたような痛みが急にくる症状って「くも膜下出血」ですよね・・・。

病気の名は「くも膜下出血」重篤だった星野源
すぐに緊急手術を受けることになりました。

やっぱり・・・。
その時の状態はかなり深刻だったようで、

病院で聞かされたのは、くも膜下出血という病名。
手術前に担当医は本人に「絶対に助かります」と力強く宣言したが、周囲の人には「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」と言っていたというから、重篤な状態だった。

WS000003

くも膜下出血ってどんな病気?

ところで、「くも膜下出血」ってどんな病気なんでしょうか?
調べてみたところ、こんな病気みたいです。

脳を覆う3層の髄膜のうち2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。全脳卒中の8%を占め突然死の6.6%がこれに該当すると言われる

過去にもスポーツ選手や芸能人が亡くなっています。
星野源さんが一命をとりとめて本当によかったですね。

WS000004

病気発覚後・・・

そんな重大な病気になってしまった星野源さんですが、その後は闘病生活が続いたみたいです。

入院当初は壮絶な頭の痛みにいつもは明るかった星野さんもこのような発言が目立った。

「24時間、不眠不休で痛みと神経過敏に耐え続け、それが3日間続いた」

「今すぐにでもベッドの上に見える窓から飛び降りたい。早く死んでしまいたい。こんな拷問のような痛みはたくさんだ!」

明るい星野源さんからそのような言葉は聞きたくないですね・・・。

【星野源】一時は退院!病気との闘いは終わったかと思えたが…

意外と早めの退院を果たした星野源さんですが、そうは問屋が卸さなかったようで。
一番起こって欲しくない状況が起きてしまいました・・・。

星野源、病気を再発へ
2013年6月、星野源病気再発【くも膜下出血】
恐れていた事態が起きてしまいました。

同年6月には手術した箇所が万全な状態ではなかった事が分かり再度活動を休止し、1ヶ月後の2013年7月に予定していた武道館コンサートも残念ながら中止になりました。

これは残念でしたよね・・・。
ちなみに二回目の発症の時の方が症状が重かったみたいですね。

WS000005

現在は病気はどうなったの?

そんな星野源さんは現在はみなさんもご存知の通り、健在です(^^)/
長い闘病生活に打ち勝ったんですね。
その秘訣、気になりますよね?

辛い手術、リハビリを乗り越えるために、星野源が考えたことがあります。それは…?

高度で深刻な手術内容を説明しながらも医学系下ネタを交えてくる医師だったり、美人看護師に座薬を入れてもらう時に“プレイ”だと妄想する星野自身だったり。
一般的な闘病記にありがちな、生を称える記述もなければ、死を迎えるための達観した視点もないが、死が間近に迫っていてもエ◯いことばかり考える星野に、人間の泥臭い欲望や生への執念が感じられ、すんなりと心に入ってくる。

これは・・・w
まぁ、男の一番の力は性的エネルギーだってことですね(笑)

再発の可能性はあるのでしょうか?

もしも、もっと発見が遅ければもしかしたら治療が長引いたかもしれません。
また後遺症や再発の危険性もあったことでしょう。
星野源さんの場合はこれ以降に再発することは無かったようです。
現在は元気に仕事をされているということで、早期発見、早期治療が重要だと分かる事例ですね。

安心ですね(^^♪

WS000006

闘病生活から生まれた「SUN」の歌詞の意味とは?

長くつらい闘病生活から復帰した星野源さんですが、今や代表曲とも言える「SUN」。
そんなSUNの歌詞にはある意味が込められているんだとか・・・。

星野「壊れそうになりながらも必死に生きる人々が、すべてを忘れて楽しく踊りまくる姿を想像しながら作りました」

「SUN」=「太陽」をモチーフに、
「生きること/死ぬこと」という根源的なテーマをポジティブに歌う星野さん。

重いテーマを明るく、楽しくポジティブに歌えるのは、星野さんが大病を患い、復帰されたことが少なからず関係しているのではないかと思います。

こればっかりは星野源さんにしか歌えない歌ってことがよくわかりますね!!

日常の厳しさとか、それを受け入れて進んでいこうっていうことってもう初期装備なんじゃないかと。
あえて言わなくてもみんな頑張って生きてるぞと。
自分が倒れたこともあって、もう確信に変わったんですよね。
「やっぱり全部そうだったわ」と。
生きるとか死ぬっていうことに対しての感覚、やっぱり俺は全部あってた。

当たり前がなによりも大切なんだって失いかけたり、失ってしまった時にこそわかるものですよね。
星野源さん、言うことが深いです。

WS000007

もう否応なく明るい、何の理由もない生命力って何だろうって思った時に、それは太陽だったんですよ。

ここに「SUN」という歌のタイトルの意味が表れていますね。

「俺たちは一人だろ、この野郎」っていうのはもう終わったっていうか、それはもういいじゃないかと。
一人だからこそ、手を取り合っていこうよっていう段階に自分もこれたんだと思うんですよね。
だから君の声を聴かせて」っていう。
必要なんだ、もうわかったから一緒にいようっていう、ただそういう感じなんですよね。

死を意識したことによって、誰もが一人だけど一人じゃないってことを悟ったんですね。
SUNにここまでの意味合いが込められていたなんて、思いもしませんでした。
今後SUNを聞くときにはまた変わった歌に聞こえるのでしょうね。

WS000008

星野源がパニック障害を告白?

くも膜下出血という大病を克服した星野源さんですが、他にも「パニック障害」だったと告白していたみたいなんです。
詳しく調べてみました。

星野源がパニック障害を発症したのは、小学生の頃のことだと言います。
少年時代にいじめにあい、それが原因となってパニック障害を発症した星野源は、精神安定剤を服用する日々が続いたと言います。
パニック障害の症状は、その後、星野源が高校生になっても収まらず、学校に行けなくなっただけではなく、家から外にも出られなくなったそうです。
パニック障害、いわゆる不安神経症を患っていたとも言っています。

いじめが原因だったみたいですね。
いじめってやられる側は一生を狂わせられますよね。
許せません・・・。

不安神経症とは、パニック障害と同じで、漠然とした強い不安感や、恐怖感によって日常生活に支障がでる症状のことをいいます。パニック障害や不安神経症の人は、いつも幅広い事柄をいつも心配していて、未来に対して自分は幸せになれない、嫌な出来事が起こると思い込んでいるところがあるようです。

少年の頃に、学校でおもらしをした経験などが原因となり、星野源はパニック障害となったと言っています。そのことから、周囲にいじめられるようになり、まだ幼い少年だった星野源にとっては、それが強く心に残ってしまい、また同じように嫌な状態が起こるのではと思い込み、パニック障害の発作を、何度も起こしていた可能性は否定できません。

ですが、そんなこともあって今の星野源さんがあるんですよね!
色々な壁を乗り越えてきた星野源さんの今後の活躍に期待ですね(^^)/

ではでは・・・。

<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>

Leave a comment

Your email address will not be published.

*



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.